事業案内

焼肉用網・ロストル洗浄

グリスフィルター

ダクト清掃

メンテナンス

給排気設備工事

ダクト火災対策は万全?

貴方の店舗はこんな油や埃で汚れていませんか?火災・空気汚染のもとにもなりかねません。清潔で愛される店舗作りを目指しませんか。お手伝いをさせて頂きます。

空調ダクト清掃施工手順

ツールボックスミーティング(TBM)

 

Ⅰ、作業計画・図面にもとづき、作業内容・現場管理規定を作業者に周知徹底し、危険予知訓練の実施を行い作業の安全を図る。

 

Ⅱ、各作業員毎に作業の段取り・手順に関して確認。


確認作業

 

Ⅰ、帽子・マスク・手袋着用の確認。

Ⅱ、図面・作業手順の確認。

Ⅲ、食材等の有無確認。

Ⅳ、電源スィッチの確認

Ⅴ、点検口及び配線関係確認。

Ⅵ、電動工具の絶縁点検。

Ⅶ、トマホーク等のセンサー確認

 


資機材搬入

 

Ⅰ、資機材の搬入経路、エレベータ、仮設機械の設置場所等をフィルムシートで養生する。

Ⅱ、資機材の運搬の際、什器備品等を破損する恐れがあるため、長尺物の運搬は2名で行う。

  脚立などの長尺物の運搬を一人で行う場合は、横にせず立てて運搬する。

Ⅲ、重量物の移動の際は、床面にコンパネ・プラスチックベニヤ等を敷いて養生する。

 

養   生

 

養生は、顧客財産を守るための重要な作業であり、気遣い・心遣いをもって作業する。

Ⅰ、調理器具類の整理

Ⅱ、半透明のポリシートを食材・調理器具・什器備品等に二人一組で被せる。

Ⅲ、壁面に養生を行う場合、素材の確認を行い、塗料の剥がれに注意しマスキングテープを使用する。

Ⅳ、ダクト立上口下等の、油塵が落ちる恐れがある場所の下に、ビニールシートを重ねて敷く。

Ⅴ、重量物などの道線で什器備品の破損の恐れがある場合は、緩衝材などで養生を行う。

 


器   具

 

Ⅰ、脚立または安全衛生法にもとづいた足場を使用して作業を行い、器具、工具の落下防止に努める。

Ⅱ、取外した器具は、番号を付し、図面に番号を記入し所定の場所に取付けられる様にする。

 

天井開口

 

点検口がない場合は、天井ボードを取り外して天井ボードの解体(作業終了後、現状復旧)または埋め込み式照明の取り外しにより天井内作業を行う。

 

 

 

 

集塵機設置⇒


作業記録と面風速の測定

※編集中です